こんにちわ〜

九州ピュアドライです。

 

ここ最近はそれほど寒くなく過ごしやすい日が続いていましたね〜〜

 

嬉しい限りと思っていたんですが、天気予報をみると今週末はまた寒波が襲ってくるそうです!Σ(゚д゚lll)

 

 

しかも西日本に雪の恐れ!雪

 

立春も過ぎましたがまた冬に逆戻りですね…

 

 

さて、今日は『ドライフルーツ』について書きました!(いつものテーマですね!)

 

 

正確には『ドライフルーツってどうやってできるの?』みたいな事についてです。

 

 

 

ところでみなさんは、ドライフルーツ食べますか?好きですか?

 

インスタグラムなどSNSを見ていると好きな人はめちゃめちゃ食べてるようですね。

特にマンゴーとか、レモンピールなどは人気ですよね〜(^^)

 

 

私自身はといいますと一年前まで、というか九州ピュアドライに出会うまで全くドライフルーツを食べませんでした!

 

 

その理由はというと、ドライフルーツに対するイメージが『砂糖漬けの高カロリーお菓子』だと思っていたからです。

昔から甘納豆とか、あんことか、ようかんとか甘ったるいお菓子が苦手で…(好きな方ごめんなさい)

 

↓こういう感じのをドライフルーツだと決めつけてました。(ドライフルーツなんですけどね)

 

もう砂糖を食べているような感じ。

沢山食べられない、あまい…

 

そういうわけから、普段から食べる習慣がなくむしろ興味がありませんでした 笑

 

 

 

ところがです!!

 

九州ピュアドライは違ったんですね〜 

 

私でも食べられました!マンゴー

(宣伝ぽいですね)

 

 

砂糖の塊(?)イメージだったドライフルーツとは全く違うもの!似て非なるものだったのです!

 

 

よくあるお砂糖たっぷりのドライフルーツは、こんな風に作られているそうです!

↓この動画すごいです。砂糖の量とか…(^^; 機械化もすごい!

https://youtu.be/paDdBQYdjLU

 

 

 

そもそもドライフルーツにはどんな種類があるか?どうやって作られているか?

 

 

生のフルーツの90%は水分です。ドライフルーツは水分を飛ばして出来上がるのですが、ドライと言ってもその水分の飛ばし方には様々な方法があり、製法によって食感も味もぜんぜん違うドライフルーツができあがるのです!

 

●お日さまパワー太陽 天日干しですね!干し柿なんかよく軒下にさがってますね!

 

 

●砂糖で水分を抜く(浸透圧)←よくあるお砂糖漬け、シロップ漬けのものです。とにかく甘いです!

 

●フリーズドライ マイナス30度以下に凍らせ、真空にして水分を飛ばします。軽くてサックサクの食感になります。

 

出典 http://www.cuoca.com

 

 

 

●フライドライ 油で揚げる方法です!バナナチップスやサツマイモのお菓子など、美味しいですよね〜

 

●ノンフライドライ 油で揚げずに高温で焼いて水分をとばします。野菜チップスのお菓子も豊富ですよね♪

出典 http://taroyama.com

 

 

 

 

ちなみに九州ピュアドライは、エアードライと言って温風で乾燥させて作っています。

 

この方法が素材のもつ天然の甘み、うま味、風味を逃さずに一番美味しくできあがります(^^)

 

手作業でカットしたフルーツを専用の機械に並べて(これまた手作業)一晩乾燥させます。

 

 

ちなみに乾燥させると、もとの重量の9~10%程度に減ってしまいます!( ゚Д゚)

 

 

そうなんです…ピュアドライ1袋20gには生マンゴー約200gが入っているんですびっくり びっくり

 

 

宮崎完熟マンゴー わりとたっぷり入っていますよ(^^)

 

そんなドライフルーツをおいしく食べる一番おすすめの食べ方は…

 

 

ヨーグルト漬けです!

 

 

 

↑ヨーグルトといっしょにタッパーなどの容器に入れて一晩冷蔵庫に寝かせておくと…

翌朝にはぷるっぷるのマンゴーが食べられますよ〜〜マンゴー

 

食感も戻って、生のマンゴーを食べているようです♪

 

 

 

これホントおすすめです(^^)試してみてください!

 

 

 

九州ピュアドライ

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする